そら観光2015年統括(御礼)

2015年もあと2日で終えようとしております。
皆様にとってどのような1年でしたか?
初めに、
バスへの感謝^o^

1年間、事故なく安全に元気で走ってくれたバスさん達へ感謝!

命と一緒でバスも生きている!急な故障があったり、リフトがついているので他車のバスと比べても故障のリスクが高いなかで今年も安全に無事に運行させてくれたバス様へ感謝です(≧∇≦)
バス様、そして、車を運転している全ての方々へ感謝申し上げます!
安全な運転を心掛けてくれている皆様がいるからこそ今があります。
そしてお客様への感謝^o^
そら観光では、今年もたくさんの方々に出会うことができ、元気をもらい、勇気をもらい、そして何より運賃を支払ってバスを利用していただいているお客様がいる事が、
自分、家族、が生きていられる生活することができた!笑顔で過ごせた事、本当に感謝です。ありがとうございます。
今年は年の始まりから「パラリンピック強化合宿」の選手送迎のお仕事からはじまり、初めて沖縄県庁からのお仕事(「薬務疾病課」様)をいただいたり、定期的にご利用いただいているデイサービスや児童デイサービス「障がい児サポートハウスOhana」様は3か月~2か月に1回のペースでご利用いただきました。
昨年も利用いただいた県内特別支援学校、旅行会社、名護厚生園、県外から「大東文化大学様」、にも2年連続でご利用いただきました。
初めてリフト付の貸切バスが沖縄県内にあることを知り、沖縄旅行を計画いただいた施設もありました。(大阪から「社会福祉法人ゆうのゆう様、居宅介護事業所クローバー様、JTB高松からの安藝グループ様、その他そら観光リフトバスがあることを知って利用いただいた県内のデイサービスや海外からのお客様、リハ工学主催者様、他多数団体様、本当にありがとうございました。
10月には旅行会社やお客様からの要望があった
念願の車イス最大6台固定リフト付き大型バスの導入。
はじめての大型バスのお仕事でご利用いただいた滋賀県からの特別支援学校修学旅行は来年のご予約もいただきました。
少しずつではありますがリフト付き大型バスの周知も広まり来年度の大型バスの予約もはいってきています。
来年度は、今年度以上に車イスの方と一緒に出かけられるバスが沖縄にあることを旅行会社や車イス利用者に知ってもらえるように営業活動、バスの稼働率のアップを目指して、取り組んでいき一人でも多くの人に笑顔になってもらえるようなバス会社になれるよう取り組んでいきますので来年も応援よろしくお願い申しげます。