「沖縄県出身療養者里帰り事業」

昨年も利用いただいた、沖縄県保健医療部薬務疾病対策課 様 より今年もご予約いただきました。
10月に導入した大型リフト付バスでのご案内。
2/17  1日目は那覇市内ホテルより出発〜沖縄県立博物館・美術館を見学後、北部へ〜
昼食後、海洋博記念公園内、熱帯ドリームセンター、美ら海水族館を見学。
今では沖縄の観光名所となっている沖縄県今帰仁村、古字利島のすぐ横にある沖縄愛楽園へ〜
長い間差別を受けてきた「ハンセン病」その歴史を伝える資料館、沖縄愛楽園資料館を訪問。

愛楽園

 

愛楽園地図
お客様にも元ハンセン病患者の方もおり、75年ぶりに愛楽園へ訪れ当時の写真をみながらその時の事を話しておられました。
自動販売機や施設内すべてがバリアフリーに配慮されていました。

人にやさしい自動販売機
資料館を後にし那覇市内ホテルへ戻り1日目終了。
2/18 2日目は南部方面へ~平和記念公園を見学、最後の目的地沖縄ワールドへ。
その後ホテルへお送りし、そら観光バスはここでお別れ。
車内でのバスガイドさんの観光案内、沖縄戦の話や歌などにお客様はとても感動し喜んでおられました。

ひまわりバスガイドクラブ 津覇様 ありがとうございました♪
そして今回もそら観光をご利用いただいた沖縄県薬務疾病対策課の皆様ありがとうございました。